東京女子医科大学 外科学(第二)講座

東京女子医科大学 外科学(第二)講座

大学院教育

2016年 外科学(第二)大学院 シラバス

項目

担当

テーマ

臨床疫学 岡本教授 臨床研究の妥当性を損なう落とし穴の理解
臨床研究設計 岡本教授 研究計画書の作成、研究の提案
健康科学における測定論 岡本教授 経験科学を成り立たせる観察と測定の要件
実践臨床統計学 岡本教授 フリーソフトRを使った生物統計学の理解
外科学汎論 坂本准講師 一般外科学総論 -自然科学としての外科学-
乳腺外科学汎論 神尾准教授 乳腺外科における診断と治療の進歩
小児外科学汎論 世川准教授 小児外科の特殊性と術前・術後管理
内分泌外科学汎論 堀内講師 内分泌外科臨床における未解決課題

患者アウトカム立脚型研究の実践を目指して、臨床研究の方法論を系統的に学ぶシラバスとなっています。

2016年 外科学(第二)大学院 研究可能テーマ

研究可能テーマ

研究指導者

(1)外科的内分泌疾患における患者アウトカム立脚型臨床研究 岡本教授
(2)乳癌患者における血中循環癌幹細胞(CTC)に関する研究 神尾准教授
(3)乳癌患者における薬物代謝マーカー及び癌関連遺伝子の解析論 神尾准教授
(4)小児腹腔鏡手術時における気腹の生体への影響に関する検討 世川准教授
(5)副甲状腺癌の発生機序の解明 堀内講師
(6)乳癌患者のQOL評価に関する研究 坂本准講師
(7)甲状腺濾胞性腫瘍の診断のための新規バイオマーカーの探索 尾身助教